平等は不平等

こんにちはー。

今日は1日

サロンがバタバタしてますー。

昨日はあれだけゆっくりしてたのに。。。w

うまい具合にバラけてくれたらいいんだけど

そういう訳にも行かないのが接客業。

平日なのにすごく混む日もあれば

「あれ?電話線切れてない??」

ってくらい電話もホットペッパーも

鳴らない日もあるし。。。

それが12月なら尚更で、

「年末混み合う前に美容室に行っておこう!」

と早めに来て頂けるお客様もいるから、

平日でも突然忙しくなったりするんですよねー。

それが休んでるスタッフが

多い日だったりすると、

「きゃー!!」

ってなっちゃうw

まぁ、何が言いたいのかというと、、、

愚痴っぽく聞こえて欲しくないんですが、、、

僕たちは所詮、接客業。

お客様が来てくれてなんぼの職業。

だから、

ある程度お客様によって

自分の休みが左右されるのは

仕方のないことなんじゃないかなーって思う。

指名のお客様がたくさんいるスタイリストは

ある程度、自分の休みに

お客様が合わせてくれるってことはあるだろうけど、

それはそうなるまでに

がむしゃらに頑張った人の話。

誰にでも当てはまることではない。

そうできるまでに色んな事を我慢したり、

休み返上で働いてたこともきっとある。

そこを理解しないで、

「休みは平等じゃないんですか?」

とか言われると、

何が平等なのか

分からなくなってしまうのが正直なところ。。。

それは僕からすれば

「不平等」だと思ってしまうので。。。

あ、、、

やっぱ愚痴になっちゃいますねーw

ある一定の「平等」は必要だと思うけど、

行き過ぎた「平等」は「不平等」だって事を少し考えてみて欲しい。

労働基準法とかで言ったら

僕の言ってることは

きっとダメな事なんだろうけど、

ルールに則った上でみんなが

「平等だ!」

って思えるようなサロンにしたい。

特に誰に向けて書いているとかではなけど、

12月になってから

色々を思うところがあったりするので、

ちょっと自由に書かせてもらいましたー!

12月は1年の集大成。

気がつけばもうあと半月。

成果出したいですねー!!

さ、

今日はモデルレッスンもあるので

頑張りまーす。

では!

Facebook友達申請受け付けてまーす。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする