読んだ!!『デイトレード』

ここのところ、

俗世っぽいものを興味津々で読んでました。


デイトレード-マーケットで勝ち続けるための発想術-

はい。

世俗にまみれてるでしょ?w

僕は去年から株や暗号通貨の世界に触れるようになり、

ほんとに謙遜なく、

まだまだ初心者丸出しもいいところで

色々と手痛い洗礼を受けているのですが、

そんな現状をきちんと受け止めて、

「まずは心構えや考え方から学ぼう!」

と思って読み始めた本なんです。

この「デイトレード」は2002年に出版されたのでもう15年以上前の本なのですが、

最初の印象は、

とりあえず高い!!
2376円もする!!!

でした(笑)

でも、よくよく調べてみたら

株などの投資関連の本ではこれでも安い方。。。

(次に目を付けてる本は6000円以上もする。。。泣)

内容はテクニカルに関してのこと(チャートを読んだりすること)はほとんど書かかれてなくて、

投資をする上での「心構えや考え方」

色んな角度や切り口で丁寧に分かりやすく何度も伝えてくれていて、

初心者の僕にでもすごく納得できるように書かれていました!

中でも1番衝撃を受けたのがこの一文。

「株式を取引するのではなく、人を取引する。トレーディングを成功させる能力とは馬鹿を探す能力である。」

ということで、簡単に言い換えれば、

「今、あなたに株券を売って(買って)くれる人はあなたよりも馬鹿なのか?」

ということ。

ね?

酷い考え方じゃないですか?w

でもこれは言いえて妙だと思うし、

ある意味で真理なのかな、とも思いました。

もちろんこれは暗号通貨でも為替でもそうだし、

誤解が無いように言えば、

普段の生活や仕事でも活かせる考え方だと僕は思いました!

そう、

株式に関する本なのに、

普段の考え方にも影響するような心構えとかも書かれているので、

色んな意味で勉強になった一冊でした!

さすがベストセラー!!

さて次は、、、

もうちょっと実践的な本を読んでみようと思ってます。

(6000円以上もするけど。。。泣)

興味のある方は是非どうぞ―!

ではまたー。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする