お客様の遅刻で分かる『スタイリストの力量』

いよいよ年末も差し迫ってきました。

1日朝からバタバタして予約が詰まりやすい12月の年末、

お客様が遅刻してきた時に(15分くらいの遅刻)、担当スタイリストがどう対応するかでこれから期待できるスタイリストかどうかって判断できたりしませんか??

うちのグループの場合だと基本的に30分間隔で予約をとるようにしているんですが、

この時期だと30分ごとに連続で3~5人とかお客様がいらっしゃるのは当たり前。

ただでさえ30分間しかないから、スタイリストとしては時間通りに来て欲しい。

できれば時間ピッタリに来て欲しい。

でも、、、そんなうまいこといきます??

5人いれば10分くらい遅れていらっしゃるお客様が絶対1人はいると考えた方が普通だし、少し早めにいらっしゃるお客様が居て当然だと思います。

要はそれにどう対応するか。

その腕が一番試される時期がこの年末なのかもしれませんね。

準備の大切さ

単純に技術スピードを早める必要がある人、カウンセリングスキルを高める必要がある人、スピードは問題ないけど、アシスタントやお客様にピリピリした空気を出しちゃう人、

などなどなど。

そういった普段の準備不足が、この時期には顕著に表れると思うんです。

最近は、スタイリストとして売上100万円を上げるのもなかなか難しいとよく耳にしますし、それはうちのグループでも実感していますが、

たぶん、僕が見る限りそれは

100万円なら100万円の、150万円なら150万円の売上を上げる準備をしていないだけのような気がしてならないんです。

100万売上げようと思ったら、単価8000円として月に125人のお客様が必要。

その125人のお客様に対して、どんな時でも一定以上のサービスを提供する腕があるかどうか。

今現在、その力量があるかどうかだけなんだと思う。

150万上げようと思ったら、1日7~8人くらい担当するだろうし、もっと自分の思い通りに出来ないタイミングは多くなってきますしね。

どんな時だろうとお待たせはしない!

どんな時でもイライラしない、ピリピリしない!!

お客様は遅れて(早く)来るもんだ!そんなことにいちいち左右されない!!!

そのくらいで思えるようになったらもっといい感じにみんなが働けると思うし、売上だって自然とついてくると僕は思ってます。

そんな基本的なことを来年はもっと見直していければなぁ、、、と考えていたりして、

ちょっと思うことがあったので今日は教育部長らしくこと書きました!w

慣れないことすると疲れますね。。。(笑)

では、このへんで。

残りもわずか、頑張っていきましょう。

それではー。

Facebook友達申請受け付けてまーす。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする