カッコいいって価値観はもう古い【年収と喫煙率】

喫煙についての記事はほんとよく見かけるようになったように思います。

うちのグループではもう3年くらい前から、「店内禁煙」ですし、営業時間中はスタッフもたばこNGです。

僕も吸っていた当時は、グループ全体を見ても喫煙者の方が圧倒的に多かったし、20年くらい前の専門学生だった時は、男女合わせてたばこ吸わない人は、ひとクラス40人中4~5人だったと思う。

今から思えば凄まじい喫煙率だった訳ですが、今はグループ30人中5,6人にまで喫煙率は下がってきてますねー。

そういえば工場で働く友達も同じようなこと言ってました。

東大阪の町工場ではたばこ吸いながら作業するのが当たり前だし(たぶん。うちの親父もそうだし。)、咥えたばこで機械をいじるのがなんかかっこ良く見えたりしたものですが、

工場でも喫煙率がここ何年かで激減してるそう。

喫煙率が年々下がっているのは、僕たち以上の世代がどんどん禁煙してるのもあるのですが、20代の「元々たばこ吸わない。吸いたくもない。」っていう人が多く、その喫煙率の低さにはほんとびっくりします。

記事の中にもありましたが、

ガラス張りの喫煙ペースに押し込められた喫煙者をよく目にする。窮屈そうに顔をゆがめてもなお、一生懸命にタバコを吸っている姿は普通に考えてカッコいいとは思えない。

(BLOGOSより抜粋)

僕がたばこをやめてから感じるのはまさにこれで、

「たばこがカッコいい時代」はとうの昔に終わってしまったんだと思う。

あの光景は確かに見ててカッコ悪い。

おまけに「年収と喫煙率は反比例する」とかも言われてるし。

(年収が高いと喫煙率は低い、もしくは喫煙率が低いと年収が高いということ)

これからはもっとイメージ悪くなるんでしょうかねー。

とりあえず、

僕はもっと稼げるように頑張ります、、、

非喫煙者なので。。。(汗

Facebook友達申請受け付けてまーす。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする