『どうせなら経験してから幸せを決めたい。』と感じた話。【NAZEBAKA中野友介さん】

みなさん。

今日は何の日か知ってますか?

はい。

そうです。

ポ、

ポッ、

せーのっ!!

の日ーー!!!

そう、シャケの日。

漢字の右側が+-+-で11月11日は『の日』。

らしいですよ。

僕もつい最近知りました。

そんなことを先日妻と喋っていたら、

今日のお弁当に、

のふりかけご飯と、

が2切れ入ってましたw

うん。

ナイス、妻(笑)

ということでみなさん、今日は鮭を食べましょう!!w

さてさて、

今日はこれから、 お店を早く抜けさせてもらい、 梅田に向かう最中です。 そうです。 今日はあの、 【一...

昨日のブログにも書いていたように、

【一度会っただけで熱狂的なファンに変える「指名力」】の著者である中野友介さんに会いに、

梅田まで行ってきました。

もつ鍋『おおやま』。

博多が本店だそうで、

これがめっちゃ美味かった!!

一緒に出てきた馬刺しも、

大阪であまり食べられないレベルの美味しい馬刺しだったし。

、、、本場の熊本で食べたことないけどw

外もずーっとすんごい行列でした。

ここでの中野さんとの写真は撮り忘れてしまったんですが、

2時間くらい話をして頂き、その中で感じたことは多く、

その多くを一言で表現するなら、

やっぱりでかくなる人や、会社も、

普通じゃない感覚をもってるし、行動をしているということ。

例え普通じゃないと最初は思っていても、

行動しているうちに普通になってくるというか、

身に沁みついてくる感覚というか。

いつも間にかそれが当たり前の自分になってくる。

だから成功している人は口をそろえて自分の事を「いやいや、普通ですよ。」というのは、

普通じゃない状態を5年も10年もやり続けてきた結果なんだろうなーと。

だから本にも書いてあったけど、

「やっぱこの人普通じゃないな。」

って思われるようなことを普段から行動しなければ、

どんな分野であっても成功なんて出来ないんだと思う。

喋っているときに何度も感じたことの多くはそういうこと。

初対面でどこぞの馬の骨か分からない僕たちに、

本当にわざわざ時間を作ってもらい、

このように感じさせてくれることに感謝しかないし、

必ずいつか「そんな時もありましたねー。」って笑って言えるくらい、

成功するしかないと本気で感じさせられた時間でした。

最後は男三人でクリスマスツリーの前で写真を撮ってお礼を伝え、解散。

その後は、

気持ちの高ぶりを抑えられなくて、

クールダウンも兼ね、カフェでひと休みしてから帰りました。

何をもって成功かどうかは分からないし、

結局はその人の価値観での『幸せ度数』が大切なのかもしれないけど、

もし、成功や幸せの基準がお金であり、年収1000万がひとつのラインであるとするならば、

僕はそれを経験してから自分の幸せを決めたい。

知らずに自分の幸せを決めたくない。

そう強く思いました。

そういった意味でも、

あー、、、

マジで成功したいです。。。w

昨日の気持ちを忘れないように、

しっかり行動で示していきまーす!

今日はこのへんで。

それではー。

Facebook友達申請受け付けてまーす。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする