読んだ!!『サロンのための経営計画』~5年間で売り上げが倍になる~

(´-`).。oO(倍になったらいいなー。。。)

おっと。

心の声が漏れてしまいました。

でも、、、

5年で売上が倍になったらマジでいいですよねー。

「自分の懐にガッポガッポ!うへへへぇー!!」

という訳ではなく、

(もちろんちょっとは思いますがw)

「お店として、スタッフにもお客様にもできることが増える。」

という意味で、

5年で売上をマジで倍にしたい。

そう思い、

お世話になっている千葉のブレイス鈴木さんがお勧めしていた本でもあったので、

サクッと読んでみました。

「サロンのための経営計画」

内容はたぶん、

「読む」だけだったら1時間かからない本だと思う。

でも、この本の正しい読み方は、

「読む」のではなく「使う」こと。

以前に参加したオンラインサロンのオフ会で「経営計画書」を見せてもらってから、

こんにちは。 大阪、奈良生駒で展開する「髪の修復専門サロン」アージュグループの酒巻です。 月の第2週と3週は会議が1つしかな...

自店に戻り、

あーでもないー

こーでもないー

と、言いながら鬼岩部長2人で作成し続けている、

うちのお店の「経営計画書」。

この本にも書かれている、

理念やビジョン、ルールなどは作れたけど、

まだまだこの本を「使って」作成していくべきところが見つかった。

(気がするw)

まだ僕は代表でもなく経営者でもないので、

「長期事業構想」「中期事業計画」はちょっと難しく、

どうしようもない部分もあったりするけど、

「スタッフの待遇」「会社の未来像」を考えて書面化することはすごく大切なことだと気が付いた。

まだ作成し始めたところだし、

気楽に(でも真面目に)作成していこうと改めて思わしてくれた本でした。

そういった意味では「読む」だけでなく、

もうこの本を「使う」ことができているのかも知れませんねー(早くも自画自賛w)

あと、

本のどこにも書かれてないけど、

個人的に、

「鬼岩部長の想い」

略して、

「鬼想い」

みたいなページを経営計画書に1ページ作ろうと思ってやろうと思ってますw

ってか必ず作って発表しまーす(笑)

今日はこのへんでー。

それではー。

Facebook友達申請受け付けてまーす。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする