見学だけで終わるはずがない新人研修と世代交代の話。

こんにちは。

大阪、奈良生駒で展開する「髪の修復専門サロン」アージュグループ教育部長の酒巻です。

いやー、

早いものでもう5月末。

新入社員4人の女の子が入ってきてから、もう2ヶ月近くが過ぎました。

ほんと早いです。


外部の新人研修


うちのグループではいつも、

無事にゴールデンウィークを乗り越え、社内バーベキューも終えたこの時期に、

新人研修があるんです。

内容的には多少の違いはあるにしろ、どこの会社にもあるような新人研修なんですが、

今年の違うところと言えば、

僕たち部長が研修の様子を見に行かなくなったこと。

見送りもお迎えにも行きません。

変わりに今年はこの2人が参加してくれていました。

Repo店の石田店長とDeux age店の桐山店長。

2人で見学に行くだけと聞いていたのですが、、、

、、、どうやら見学だけでは済まなかったみたいで笑

(しっかり声が枯れていたので、、、w)

まぁ、予想通りだったので別に驚きはしませんでしたが、

しっかり2日間スタッフと関わってくれていたみたいで安心しました。

で、僕が参加したのは、

研修終わりの恒例の食事会だけw

1番嬉しいタイミングで呼んでくれてありがとうございます(喜

セクハラすれすれの下ネタを織り交ぜつつ研修を振り返りながら楽しく2時間くらい飲んで食べて解散。

そこからは幹部メンバーだけで、

年に一回だけ連れていってもらえる「回っていないお寿司屋さん」へ。

(疲れてるのに演技させてごめんw)

新大宮にあるこのお寿司屋さんは、

僕が今までの人生で食べたお寿司で1番おいしいと思うところなんです。

大トロと中トロをご好意で食べ比べさせて下さいました。

大勢では出来ないような話を美味しい物と。。。

やっぱりこのメンバーだと落ち着きますねw


管理者としての学び


今回の研修では、もちろん新入社員の4人とアシスタントの3人も頑張ってくれていたのですが、

1番勉強になったのは店長の2人かな、という印象。

自分の課題をしっかりと持って帰ってくれていました。

やっぱりサロンの中だけでは学びがどうしても狭くなってしまうし、

たまには外に出ることで感じる部分もたくさんあったようで、

何よりそれが僕は嬉しかったです。

世代交代というか、

やっぱりもっと任せていく所を増やしていこうと改めて感じました。

いつまでも出しゃばってちゃダメですね。

店長が成長した分だけお店も成長すると思うので。。。

あー、、、来年まであのお寿司が食べれないと思うと寂しいですが、

しばらくお預けですねー。。。

それではまたー。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする