毎日毎日するものを、久しぶりに見て感じたこと。

大阪、奈良生駒で展開する「髪の修復専門サロン」アージュグループ教育部長の酒巻です。

みなさん、ごきげんいかがでしょうか?

、、、、、

僕はすこぶる悪いですw

ええ。

正確には過去形なので「悪かった」ですが。。。

このままだとただの不機嫌なブログになってしますので、

順を追って説明しますねw

白紙の日報

僕はうちのグループの中でも時間を比較的自由にさせてもらっているので、

朝と夜はだいたいお店に居ません。

なので、

サロンの朝礼・終礼などはほとんど出ないし見ないのですが、

ふと、気になって事務所に届いている日報に目を通していると、、、

(ん、、、?)

(記入して無いのを間違えて送ってきたのかな、、、?)

(あれ、、、?書いてあるな。。。)

(あっ、、、違う、、、ちゃうでこれ、、、、、)

(ちゃうんやでーーーっ!!!)

そうなんです、、、

びっくりするくらいの低クオリティーの日報で、言葉を失ってしまったんです。。。。

その、、、

きちんと書いて送ったつもりの日報がこちらです、、、

ほぼ白紙w

何を報告しているのか、まるで分かりません。。。

一瞬、あぶり出しで文字が浮き出てくるやつなのかなと思いましたw

紙の無駄ですね、間違いなく笑

「書く意味あんのかこれ」と誰もが突っ込みそうな日報ですが、

本人たちはきちんと代表宛に毎回送ってきていたので、

悪気なく真面目に書いているんだと思います。

問題は、きちんと教えていなかった僕にあるしお店のトップにあります。

毎日の日報の目的を伝えて、書く意味を教えることができていなかった、

僕達幹部の責任なんだと感じました。

きちんと伝えれば伝わる

普段から伝えていることや、接し方の結果がこういった「細部」に現れるもので、

「日報ちゃんと書かんかいっ!アホンダラ」

と言って書かせたところで、

またしばらくすると元通りになってしまいます。

そんなものです。

なので、

普段からの、こちらの態度を改めることから始めないと意味が無い

と思い、

そういったことを店長・チーフに伝え、次の日から改善に取り組んでもらいました。

その結果・・・

見事、かなり改善されましたw

他のお店と比べるとまだまだかも知れませんが、

今では店長・チーフが先頭に立って朝礼・終礼を実施してくれています。

それがどのようにスタッフに伝わるかはまた別の話ですが。。。

しっかりとまずは背中を見せて欲しいと思います。

報告書を書くことが大切なのではなくて、報告書にびっしり書き込めるくらい、

日々のサロンワークで何か感じることが大切なんだ

と、僕は思っています。

何も感じないと書けませんからねw

まだ1ヶ月も経ってなくてこれだけ改善されてきているので、

1年改善し続けたらきっとすごいことになっちゃいますね笑

楽しみにしてますねーw

それではまたー。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする