伸び悩んでいる男性スタイリストへ。

こんにちは。

大阪、奈良生駒に展開する「髪の修復専門サロン」アージュグループ教育部長の酒巻です。

昨日は職業訓練校に出勤していました。

20歳近く離れた子たちと1日一緒なので、なんかいつもと違う疲れ方するんですよね。。。

なので22時には寝てしまってました(笑)

今日はスッキリ元気です!

さて、、、

こちらは落ち着くいつものメンバー、

いつものお店で、、、

と、思いきや今回は久しぶりにこのスタッフと飲みました。

VIVE本店スタイリスト 「団 達也」(ダン タツヤ)

このブログに初登場ですw

普段は駅を挟んで北と南の近い距離で働いているので、

しょっちゅう顔は合わせるけど、話したとしても一言二言くらい。

ましてやこうして飲むのは何ヶ月振りか、分からないくらいです。

団くんは新卒で入社して早9年目、

最初は当時オープンしてまだ間もないCINQ店で働いていたのですが、今はVIVE本店勤務のスタイリスト。

9年前のアージュグループは今から思うと、、、本当に色々問題がありまして、、、

特にCINQ店はなかなかここでは書き表せないような問題が多々ありました。。。

新しくスタッフが入っても一年と待たずに退社するようなお店だったのですが、

その中で唯一、新卒でCINQ店に配属されてからこの8年間、

一度も「辞める」という選択をせず今まで働いてくれています。

「気合と根性」論が通じる昭和最後の年代でもありますw


伸び悩む男性スタッフ


さて、この団くん。

指名も売上もガンガン上げて、、、とはなかなかいかず、

美容業界ではここ何年か、男性スタイリストの伸び悩みについてよく話題になるのですが、

まさに今、少し伸び悩み中の男性スタイリスト。

別に仲が悪い訳ではないのですが、

あまり僕とは率先してコミュニケーションをとるタイプではなく、

「最近どう思ってるのかなー」

と気にはなっていたのですが、あまり話す機会もないままでした。

VIVE本店には営業部長で同期の鬼岩もいるので、

情報としての団くんは知っています。

実際のところ、この1~2年は正直あまりいい状態ではなく、

このまま「辞める」選択をするんじゃないか、、、と心配な時期もありました。

美容師で売上がないってほんとつらいんですよ。。。

居場所がなくなったように感じるし、

恩ある会社に恩返しできない自分に嫌気がさしたり、、、

自分はこのお店に必要ないんじゃないかって思ったり。。。

不甲斐ない自分が情けなくて逃げ出したくなる気持ちって、美容師なら一度は経験したことあると思います。

そんな最悪だった状態からは今は抜け出しているのですが、

「これからをどうするのか」

それを決める大切な時期に差し掛かっているスタッフなんです。


一緒に勝負がしたい


これまでに、うちの代表のオーナーと鬼岩営業部長と僕の3人で何度も話あっていたんです。

「次の5店舗目を出すならどうするか」

今は4店舗とも「髪の修復専門サロン」としてのブランドで営業していますが、

5店舗目は全く違うコンセプトにするかどうするか、、、というのは今まで何度も3人で話してきている内容で、

美容室はスタッフありきでしか創れないので、

じゃあ、どのスタッフをトップに据えて考えるか

これがすごく重要だしお店は「トップ」で決まります。

よくオーナーが言うのですが、

「経営者として「勝負」はできるが「博打」はできない」

「博打」にならないようなスタッフにお店を任せるのは当然だというのが3人共通の意見。

やっぱり一緒に勝負してくれるような「想い」を感じてお店を任せたいですよね。

まぁ、つまり、、、

この「想い」が団くんにあるのか確認したかったんです。

結果から言うと、、、

団くんはなかなか「想い」を口にするのに時間がかかりましたw

お酒の席での記憶なので、少し語弊があるかもですが、

「学生の時からここでお世話になって今まで、

優しい言葉で励ましてくれたり、時には厳しく叱ってくれたり、

ほんと自分にすごく関わってくれているのに、

自分は結果が出せなくて。。。

だからなんか「やりたい」って表現できなくて、

「こうなりたい」って口に出来なかったんです。

ここまで引き出すのに2時間くらいかかりました。

うん、ほんとめんどくさい(笑)

要は、「簡単に口に出していいような結果を残していないから、今まで言い出せなかったし、表現できなかった」

みたいです。

最終的にはその日の彼のインスタグラムで

このような写真とともに

「この星の一等賞になりたいのメンズカットで、オレは!!」

という更新をしていたので、彼の中で何かか吹っ切れたのでしょう(笑)


こちらが先に決めるということ


でも、僕もこの日で感じたことがあって、

「ここまできたら任せてもいい」とか「こうなったら店長」であったり、

なんか人を「試し過ぎる」のはよくないな、、、と感じました。

試す部分も多少は必要かもですが、

それ以上に、

こちらがそいつをどうしたいか決める事なのかな、と思いました。

「こちらがまずはその人をどうしたいのか」、思いっきり相手にぶつけてみる事なのかなと改めて思いました。

相手が反応する・しないに関わらず、

こちらがどうしたいのか決めて伝える事。

今、どう思っているのか伝える事。

伝えずに相手を試すのは順番が違うなと感じました。

だから、

『団くんを頭に据えてお店を出す』

って、その時決めましたw

僕はまだ経営者ではなく最終的に決めるのは代表のオーナーなので責任はとりませんが(笑)

それくらい、良い方向に進みそうな久々の飲みの席になりました。

なんか僕もやる気が出てきたので頑張りますねー。

ではまた。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする