非常識でいること

こんにちはー。

12月はもう、やることをやるだけ。

その思考になってからは

もう頭が来年以降のことばかり考えていて、

常識・非常識の挟間で揺れています。。。

最近知って、「はっ!」っと思った事の一つに、

起業して10年後、会社の生存率は「26%」。

(ちょっと調べたら「6.3%」とか「5%」とか色々だったけど、、、まぁ、統計の出し方によっていろんな説があるので、ひとつのデータとしてみて下さい)

ひっくり返せば74%の会社は廃業しているということ。

(これも業種替えとかもあるから、まるっきりすべて廃業してるわけではないみたい。まぁ、ひとつのデータとしてw)

つまり、10年続く会社はすごく少ないんですよねー。

大多数の74%は廃業して、少数kの26%だけが生き残れる。

いやー、

かなり厳しいサバイバルですよねーw

これは美容室でも例外ではなくて、

この記事にもあるように

2018~2019年はどうやら過去最多の倒産件数になるみたいだし。

で、

僕が言いたいのはここからで、

サロンを経営していく上での「常識」ってたくさんあるじゃないですか?

その「常識」っていうのは、「大多数の人がやること、考えること」って意味ですよね?

逆に「非常識」は少数

じゃあ、さっきの数字で照らし合わせて考えると、、、

10年続くサロンは「常識」なのか「非常識」なのか。

明らかに「非常識」なんですよね。

つまり、常識にとらわれない非常識な発想や、経営を考えなきゃ生き残れない。

自分の家族やスタッフも路頭に迷うことになる。。。

それくらい美容業界もますます厳しい競争が激化しているし、

常識ばかりの経営をやってても存続できない、ということが統計学的な数字から見ても明らかなんです。

ましてや存続するだけではダメで、

サロンとして成長していかなきゃいけない。

他のサロンに差をつけてグングン成長していくためにも、良くも悪くも邪魔をするのが

「常識」

そう言われることだと、最近よく思うんです。

いつの時代も革命的な出来事が起きた時は、それは「非常識」とされていたことだし、

(織田信長で言えば「楽市楽座」とか「鉄砲の3段撃ち」とか。戦国時代好きなのでw

「常識」も大事だけど、ちょっと角度を変えて「非常識」に考えてみる思考が必要だと思ったり、

「常識」や「普通」と言われることをやっていても、きっとそこに思いもよらない「発見」や「発展」は無いんだと思う。

来年は何か面白いことやりたいなー。

「非常識」なことって、、、なんかワクワクしません?w

そんなワクワクすることを皆で話し合って、もっと楽しくしたいなぁ~。。。

まぁ、そんな感じでしたー。

ではー!

Facebook友達申請受け付けてまーす

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする