お金は愛――人を育てるお金、ダメにするお金

けっこう前に読み終わって超面白かった本!

なのに紹介し忘れてましたーw

それはこちら!!

お金は愛――人を育てるお金、ダメにするお金

はい、お金関連ですw

でも違います。

お金だけじゃなくて、そこにはしっかりと愛が詰まっているんです。

自身の会社(ダスキン事業とコンサルティング事業)を16年連続増収に導きながら、数千人の社長を見てきたカリスマ経営者のお金の使い方を網羅した内容で、

「数字は人格、お金は愛」

と断言していて、

どういうお金の使い方が「生き金」となり、はたまた「死に金」となるのか。。。

お金の話だけでなく、カリスマ経営者の考え方を覗くことができる。

印象的な言葉はいくつもあるんだけど、

1つだけ挙げるとするなら、

「人生の究極の目的はお金を稼ぐことではない。」と前置きした上でおっしゃられているこの言葉。

そういうことを言えるのは、 年収1000万円を超えてからです。余裕を持っ て生活できて、将来の不安がなくなるレベルの年収を稼げるようになるまで、社員にとってはお金が最大の関心事であり、最大のモチベーションです。だとするなら、お金で釣ることが社員のためになる。

夢や志を強調して 低賃金で社員を働かせること” やりがい 搾取”というんです。

これがめちゃめちゃ心に響きました!

こんなことを堂々と社員の前で宣言できる社長に僕もなりたい、

そう思った一言です。

「道徳なき経済は悪、経済なき道徳は寝言」

この言葉を知った時のインパクトも凄かったけど、

愛をお金で表現することにあまり美徳とされていない社会で、

ここまではっきりと

「お金は愛だ」

そう言い切ってくれているからこそ、

すごく共感できることが多い!

夢や理想も確かに必要だけど、背に腹は代えられない。

結果的に「やりがい搾取」になっちゃわないように、

スタッフを幸せにできるくらいの実力をつけないとダメですね。。。

そこも身に染みて共感しました!

決定権のある社長だからこそお金の使い道。。。

マジで面白い一冊でしたー!

興味のある方は是非どうぞ。

お金は愛――人を育てるお金、ダメにするお金

ではー!

Facebook友達申請受け付けてまーす。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする