自分で幅を狭くしていると感じたこと

こんにちはー。

昨日はサロンワーク後、

夜はオーガニック系の商材の

臨店講習でしたー。

もちろんそのものの良し悪しはあるけど、

オーガニック系の商材の導入を検討する時に一番気を遣うのは、

「香り問題」

ですかねー。

「香り」や「におい」に超敏感

やっぱり女性は敏感なんですよねー。

夏とかも毎年びっくりするくらい暑いから

汗臭くないかー?とか、

もうすぐ40歳を迎える僕は、

知らぬ間に加齢臭を周りに放っていないかー?とか

おっさんの僕は毎日ビクビクしながら生きてます。。。

若い女性に囲まれて働く美容師の宿命ですね。。。w

まぁ、それは置いておいて、

女性スタッフの香りに対する「好き・嫌い」問題はどうにもできませんw

「そこまで変な香りじゃなくない?」

と男性の僕が言ったところで、

「私は好きじゃないです」

「女性は苦手だと思います」

そう言われちゃったら返す言葉もないし。。。w

(僕が弱いだけかも。。。w)

だから商材を検討する時は「香り」が超重要!

でも、例えば3人の女性がいれば

3人全員が「良いニオイ」だと感じる香りってかなり限られているし、

特にオーガニック系の香りって3人女性が居れば

1人は必ず「苦手」と答える女性が居るはずなんです。

(甘い香りのほうが好きな女性スタッフは「苦手」と答える確率が多い気がする。。。)

だからオーガニック系の商材導入って難しいんですよねー。。。

美容業って対女性商売な部分がほとんどだし、

自社ブランドのシャンプー作るときも

香料の選別だけで何ヶ月もかかった経験もあってか、

うちのグループでは女性スタッフの意見を参考にすることがかなり多いんです。

(結果、いいモノが作れて長期的にご購入頂けているのはすごく有難い)

でもですよ、でもですよ、、、

3人が3人とも「嫌」となればそれはもちろんダメだけど、

さっきも書いたように3人いれば1人は「嫌」と感じる程度かなー?

っていうのが実際の印象であって、

つまり2人は良いと思ってたりすることもある。

もしくは3人中2人はダメだけど、1人は良いと感じる場合もあるし。

僕が今感じている限りでは、

なんとなくお客様に提案できる幅を自分たちで狭くしている感じがするんですよねー。

今年の年末商戦

分かりやすく「香り」の問題で表現したけど

それだけじゃなくて、

その他にも様々な要因があると思うんです。

今年の年末商戦に向けて色々と商材を検討してる時にも

常々感じていたことだけど、

先入観や特定の意見に少し左右され過ぎていて、

自分たちで自分たちの提案の幅を狭くしている

そう感じることが多かった気がしています。

あくまで僕たちが商品を導入する際に

1番考えなきゃいけないことは「お客様のこと」であって、

さっきの例で言えば3人中2人は良いと感じる、

もしくは3人中1人は良いと感じるわけであって、

それはお客様でも同じことだと思う。

3人いれば感じ方は様々。

オーガニックが好きな人もいるし、嫌いな人もいて当然。

だから自分が好きか嫌いかで判断できないし、

ましてや会社の利益も考えなきゃいけない。

(美容業は慈善活動でなく、あくまでも営利活動なので利益は当然必要という意味)

使ってもないのに判断したり、、、ねw

だからもっと広い視野で考えて欲しいと思うし

それが願いでもあって、

ついでに言えばそんな環境にできていない

僕たちの力不足でもあると感じながらここ何ヶ月かの

商材選びに悶々としてましたー。

12月の目標は今の僕たちにはかなりハードル高めなんですよねぇ~。。。

だから、

四の五の言ってる場合じゃない!!

ってのもあるからこそ、

自分の幅を狭くするのは好き・嫌いなどの偏見や、

ただそれついて詳しく知らないという認識不足だったりするから、

1つの側面だけを見て判断するのは

ちょっと勿体ないんじゃなかなー、、、って思っています。

まぁ、ちょっと文字だけでは表現が難しいし

うまく伝わるか微妙な気がするけど、、、

そんなこんなを今日は書いてみましたー。

さ、

仕事しまーす。

ではー!

Facebook友達申請受け付けてまーす。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする