当たり前になる事への不安

こんにちはー。

台風一過ですねー。

思ったよりも大阪・奈良は

大した事なかったけど、、、

うちのグループは昨日全店舗とも

15時閉店

させて頂きましたー。

生駒駅前のサンマルクは

17時閉店だったし、

大阪梅田のグランフロントや

阪急百貨店なんかも15時閉店。

JRも事前に計画運休を実施したりと、

ここ最近は台風などの災害に対する意識が

高まりつつある感じですよねー。

(実際に昔とは違って被害がものすごいし。。。)

だけど昨日の台風は

進路が西にズレたのもあってか

少し肩透かしな感じ。。。

でもそれは大阪と奈良北部が

たまたまそうだっただけであって、

うちのグループの「15時閉店」の対応は

間違っちゃいない対応だと思ってます。

そう、

全然間違っちゃいないんだけど、、、

いつも「休業」するとか「休み」を増やすとか、

何かを「短縮」または「中止」を決定する時に頭をよぎるのが、

当たり前になることへの不安

でしょうか。。。

価値観の違い

がやっぱりあるんでしょうねー。

去年、

大阪などに大きな被害をもたらした

台風24号の時は朝の段階で、

とても出勤できる感じじゃなかったので

終日休業にしました。

そして今回は前日の段階で、

店長やチーフだけのグループLINEで

「明日の営業は短縮して、早く帰るように対応するかも」

と伝えてあり、

実際に昨日は「15時で閉店」という対応をとることにしました。

去年からのこの2つの対応は、

今まで僕が20代の頃から経験してきた

美容室が台風時にする対応とはまるで違うもので、

「台風で警報が出ようがなんだろうが、出勤して営業する。」

この価値観が今までは当然だったんですよねー。

ましてやここ最近は政府の「働き方改革」だとかで

最低賃金アップ、休日の増加、残業禁止などなどなど、次々と「価値観の変革」が行われています。

昔は当たり前じゃなかったことが当たり前になりつつあるのが、ここ最近の大きな流れとなっていることへの不安というか、

「危険だなー。。。」

って感覚にどうしてもなっちゃうんですよねー。

その時満足だったからこそ不満

になる、とでも言うんでしょうか?

今回のケースで言えば、

「台風で警報出たら帰れる」

この感覚に慣れてしまって、

「台風で警報出てるのに帰れない」

ケースがあった場合、

それが「不満」になっちゃうんじゃないかっていう不安。。。

「台風で休める」ことが「当たり前」になっちゃうのが怖いんですよねー。。。

「え!?台風なのに営業!?!?。。。うちのサロンめっちゃブラックなんですけど。。。www」

なんてツイッターの裏垢とかでつぶやかれたりした日には、、、どうしましょうかねーw

去年の段階ではそこまで深くは考えなかったけど、

今年も台風で早仕舞いしたことで

2年連続臨時休業。

「2度あることは3度ある」じゃないけど、

2回目がそうだったなら、

自然と3回目も期待しちゃいますよねー、だって人間だもの。。。w

ちょっとお堅い考え方なのかも知れないけど、

うちのグループが大切にしている「愛サロン」に繋がる

大切な考え方だからこそ、

しっかりその部分は勘違いしないよう

伝えていって欲しい!

ですかねー。

まだもうちょっと書き足りない気もするけど、

他にやることあるのでそっちを片付けようと思いますw

ではー!

Facebook友達申請受け付けてまーす。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする